Withコロナのジュエリービジネス

2020年8月16日夏休み最終日、例年とは違い夏の解放感もないまま自粛生活を過ごした方多いかと思います。明らかに変わった生活様式の中今後私たちのビジネスもどう変化していくのかを予想しなければなりませんし、適応していかなければ生き残る事はできません。

宝石・ジュエリー業界においても展示会中止、店舗一時クローズなど大きな影響を受けました。少しづつ戻りつつありますが完全にコロナ前に戻ることはないと予想しております。当業界でもこれを機にゲームチェンジが起こりつつあり各企業対応を急いでいると思われます。

えっ考えてない??まぁそれはそれで(笑)

当社も過去10年WEBで高額品まで売切る事を目指しネット販売に注力、色々仕込んできたことが、上手く機能しこのコロナ禍も大きな落ち込みもなく第1波をのりきる事ができました。

参考までにコロナ禍3-7月の受注スコアを公開します。

【店概要】東京都内  ネット販売+実店舗販売 6名で運営 10周年

WEB売上:店舗売上 65:35 ※昨年度実績

成長率 2,019年117% 2018年117% 2017年129% 2016年128% 2015年117%

過去5年平均 121%

2020年3-7月実績

■昨年対比 113%

■予算対比 102%

4-5月都の自粛要請に応じて店舗を一時閉店した売上減少は大きい(5月は店舗売上ゼロ)

3月上旬は警戒なく来店も順調に推移してましたが、コロナ関連ニュースが増えたこともあり3週目から来店が減少、危機を煽るニュースに同時にWEB売上も3週目は半減、WEBに関しては4週目盛り返し通常に回復。

4月いよいよ緊急事態宣言が現実となり宣言された2週目はWEBも反応し売上減、店舗は言うまでもなく…

毎週スタッフ間で数字のすり合わせを行い現状把握・分析、翌週対策を行うので変化認識や実行は得意でスピーディーに行えます。緊急事態宣言発令に伴う店舗一時閉店、それに伴うWEB販売へ資源集中、リモートワーク対応も比較短時間で対応できたかと思います。

4-5月は店舗売上をWEBでカバーする為、WEB用商材の手当(単価が2倍違う為低価格帯を増やす)、掲載数アップのためカメラセット追加購入(2台体制)、スカイプミーティング、作業分担、オンライン接客の導入、など緊急事態時でもお客様には普段と何一つ変わらない店と思ってもらえるように対応。単価は昨年より半減したもののおり込み済で掲載数を増やしたこともあり順調に売上を確保することができました。

6月緊急事態宣言解除となり店舗再開、店舗売上も予算通りに回復(昨対は昨年6月イベントを行った為数値は低くなってます)、4月行った施策によWEB販売の伸びも継続6月トータル 予算対比135% 昨年対比107%

7月コロナ第2波が少しづつ迫り、2週目店頭イベントも例年に比べ来場数は減少、イベント予算は届かず、以降も店舗への来店数は少なく影響継続しています。昨対店舗の数字はイベントの影響、7月トータル 予算対比95% 昨年対比199%

ざっと都内宝石小売店の現状こんな感じです。店舗のみの会社の場合店舗売上をみて頂けると厳しい現状がお分かり頂けるかと思います。引き続き8月も店舗への影響が避けられなそうです。

withコロナ、店舗のあり方を真剣に考えて方向転換しなければいけないと実感しております。オンラインに100%舵を切るかもしれません。先を読み、決断・実行することが経営者には求められますのでどこかで判断したと考えております。

強いものが生き残るのではなく、変化できるものが生き残る。今回のコロナはまさに変化を迫られている状況で、秋に向け最悪の状況を想定し備える必要があります。何も起こらなければ準備した分必ず成長します。withコロナでの自社のビジネススタイルを決める。まずはそれを判断・決定することが求められように感じます。

明日から通常営業再開、皆様一緒に頑張っていきましょう。

11月3日文化の日

こんにちは!11月3日46歳になりました。

34で独立したので会社も12年になります。あっと言う間でした。スタート当初はBtoBサイトや卸イベント参加などしておりましたが少しずつ内容が変化し、3年前のIJT撤退より今は完全に輸入製造小売に移行しております。卸の売上減少を小売の成長でカバーし上手く移行することができました。小売に注力したことは間違いではなったと今では思います。

今年は10月消費税増税を心配しましたが、締めてみると10月受注は昨対140%、前回8%の時のような直前駆け込みがない代わりに落ち込みもなかったので、政府の5%還元施策は初月は良かったのかなと。このまま大きな影響が来ないことを切に願います。

久しぶりに起業時の事思い返していたのですが、起業とは思い通りにいかないものですね。当初思い描いてたプランと今は全く違う事業をしている訳ですから(笑)。ブログを遡っていただくとわかると思いますが、最初はBtoBマッチングサイトでスタートし資本金500万の内250万サイト制作に突っ込みました。宝飾業界からIT企業を狙ったのですが…撃沈。途中前の会社の在庫を引き取る事になり販売するためにネット通販スタートして、今の基礎ができたのでこれは運が良かった。

最近は宝石ジュエリー業界でも卸からネット直販にチャレンジするケースも多くなってきていますが、中々成果が上がらず結局ミネラルショーなどリアルイベントに頼ってしまう傾向にあります。しかし小売を目指すならまずは何が重要かを考えないといけません。まずやらなくてはいけない事は集客!その為の魅力をどう出すかを本気で考えないと私たちみたいな小さい個店に来てくれません。またその部分を他社に頼っていては目の前売上はできても、継続的な成長は見込めないと思います。他にもポイントは多数ありますが小売を目指すならまずは集客ありきです。

来年2020年になりますが、所有概念や買い物方法、ライフスタイルなど変化し、継続成長するためには私たちも変化しなければいけないと常に危機感も持っています。12年積み上げた経験で柔軟性がなくならないようにこれからも変化させながら成長していければと思います。

宝石購入…A店ではSランク扱いだけど、 B店だとそのルースはDランク扱い?結局は…

こんにちは!

先日ショップのメルマガで反響があった内容で、結局宝石選びはここだよね。という内容をご紹介します。

以下、メルマガの内容

前文省略、

さて、ルースを集めていると
あの時良いと思って購入したルース

今考えるとカットが少し歪んでるな…
インクルージョン多いな…
色ムラがあるな…
などと、

色石を知れば知るほど品質の違いを知り
色だけでなく、クオリティー・カットの重要性を
感じるようになってまいります。

やはりもっと良いものが欲しい
そう感じるのは皆同じですね。

近年はルースサイトも増え、フリマサイトやオークションサイトなどで個人売買も活発になっており、 今まで販売に値しなかったような低質品も同じ宝石名で出品されるようになってきました。

選択肢が増えた半面、選ぶのが大変な時代ですね。
そして皆様困るのが商品説明の判断、(色石にはダイヤモンドのようなグレーディングシステムはありません)

例えば「最高にキレイ」とA店で表現されたルース

A店ではSランク扱いだけど、
B店だとそのルースはDランク扱い
場合によっては取扱外
なんてことも当たり前に起っております。

「傷がない」「インクルージョンなくクリーン」「カットがキレイ」

などのも同様ですね。

店毎に扱う品質が違うので基準を知るまでが大変!

昨日ご来店のお客様がつくづくおっしゃっていたのが、

宝石は誰から買うか本当に大切ですね…

おしゃる通りです
定価と定められたグレードのない色石は特に…。

以上、メルマガ抜粋

ネットショップだけでなく、実店舗の店員の言葉も一緒です。レベルの低い店員はなんでもキレイと表現しますし、本人は本気でそう思ってたりする(上のレベルを見ていないので低質品でもキレイに感じてる)のでまたタチが悪い。

良質な宝石を購入するのに大事なことと聞かれれば、結局は「誰から(どこから)買うか」これに尽きると思います。私たちの仕入も一緒です。

展示会ビジネスは大量消費時代のもの

こんにちは!暑い日が続きますね。

そういえば先日、
展示会ビジネスが『人材危機』という記事を見か
けたのですが、なんでも宝飾メーカーや問屋に若
い人材が集まらないとの事です。

※今回の『展示会ビジネス』とはジュエリーメーカー・
問屋が商品や企画を小売店に持ち込み開催する展
示会についてです。

理由は
・休みが少ない
・仕事内容が若者に嫌がられる
・出張が多く家に帰れない
・週末は展示会の為休めない
・将来の不安・報酬
などと分析されておりました。

私の20代後半はまさにその通りでした。

将来の不安と報酬で不満はなかったですが‥(笑)
それ以外はまさに!
個人的には楽しかったけど、離職率はやはり高かっ
たように思います。

2-3日間の展示会を毎週全国の小売店を回り開催
期間中は朝の準備から日中の接客、夕刻の片づけし
終了後食事の付き合いなどあればらに長時間拘束さ
れます。

ただ2000年位は売上1催事1500万・2000万は当たり
前で担当した展示会が1000万切ると失敗扱いと今で
は考えられないほど売上が容易に上げられてました。

当時から顧客の高齢化・重ね売りなども叫ばれてお
り、その後想定以上のスピードで1催事当たりの売
上も低下し、2008年位には1000万で大成功のレベル
になっていました。

小売店も売上低下を催事回数増でカバーと小売店・
メーカー・問屋とも悪循環になっていたところも
多かったと思います。

展示会ビジネスは大量消費の時代のやり方で、団塊
以降の消費世代にはマッチしないやり方と言うと雑
になりますが、

顧客需要をつかんでいる小売店主導の内容であれば
十分受け入れられる余地ありますが、メーカーや問
屋主導のパケージ化されたイベントの多くは多様化
した消費者に向けての対応は難しくなっていると感
じていました。

当時展示会ビジネスに身を置いていたものとして実
感していた事です。

そしてジュエリー購入先の選択肢が少なかった
10年・20年前と違い、国内外でネット・店舗と自
由に購入先を選べるようになってきた現在の環境下
では以前の展示会スタイルはさすがに通用しません。

故に忙しいばかりで業績が上がらず待遇も上げられ
ない、それではやはり若い人材は集まりませんし魅
力ある職業には見えないでしょう。

ITが当たり前の中で育ってきた世代は効率の悪い
事を嫌がる傾向にあると感じます。
本人が効率よい人間かは置いといて…

暑い中重いカバンをもって休みなく全国に廻って
売上を上げてもくれない店主に気を使って
給料上がらずではやはり続きませんし直ぐに辞め
てしまいます。
今は他に効率良い仕事がいくらでもある訳ですから

給料より自分の時間を大切にするようになったり
働き手の変化も早く、私たちの時代は…なんて言って
られません。

労働人口減少の中での人材確保、労働意識の変化への
対応は多くの業界で急務となっております。

あらゆる変化のスピードは速くなる中、いち早く変化
するものが生き残るのは歴史が証明しておりますので
直面している経営者は思い切ったかじ取りが必要なか
もしれませんね。

たまたま見た記事で昔を思い出し色々感じたので
少し書いてみました。

神戸国際宝飾展来場者数速報

こんにちは!

5月16日-18日
神戸国際宝飾展が開催され来場者数が発表されました。

3日間合計 12,600人
5月16日(水) 7010
5月17日(木) 3422
5月18日(金) 2168

当社は1名スタッフが参加しましたが、初日結構混んでいたようです。

こういったショーも盛り上がっていけばうれしいですね。

小売でも世界規模の競争がすでに始まっている。

こんにちは!

かれこれ20年近く宝石・ジュエリー業界で仕事をしてますが
ここ数年の変化は凄まじいですね。前回も書いた(笑)

昨日も研磨屋さんと話してたのですが、普段裏方として活躍
している人たちも「今まで商売が変わってきたね。」
なんて言うくらいですから
川下の皆さんも強く感じてるのではないでしょか?

確かに当社WEBショップでも
海外からルースの注文が入り、アメリカのジュエリー工場に直送
そこで製造してからまた注文者の国に発送という流れがあります。

これって今までは企業が大きなロットでやってたこと
それが今は企業ではなくいち個人が3つの国をまたいでたった1つ
のジュエリーを発注する時代にすでになっております。

今後ますますこのような流れが増え、消費者は
国内だけでなく世界規模で自分の好みのものを探し買い物をする
ようになっていくのではないでしょうか。

その時は世界規模の競争になるので単にモノを流通させて
いただけるは個人レベルでしか生き延びれなくなってします。

今後は他にはない強みを持っていなければ
益々厳しい時代に突入するでしょう。

さらに勝ち負けの差が大きくなる中で生き残るために
新しい事にチャレンジしなければいけませんね

業界の皆様一緒に頑張っていきましょう。

これからの宝石小売

2017年スタートしたと思ったらもう4月

いつの間にか桜満開となりました♪

早いですねぇ~

 

1月~3月いかがでしたでしょうか?

 

当社1月IJTは6年目の出展で初めて売上減でしたが

1月から小売の業績が良く、いずれの月も昨年対比超え

特に2月・3月は過去最高受注でした。

 

2月決算で会社的に9年連続昨年対比売上成長でき

創業時に立てた目標のひとつはクリアできました♪。

すでに10期目になってますが今期はさらに加速して

行く予定です。

 

で、今後も注力していく小売ですが

当社はECサイトで宝石ルース販売がメインで

同時にサイトから赤坂店舗への来店での購入も

増えております。

 

昨年よりデザインできる人材を仲間に加え

フルオーダーメイドに力を入れており

色石ルース専門店でこだわりの宝石を選び

フルオーダーメイドで世界にひとつの本格ジュエリーを制作

 

石の輸入からデザイン・製作まで自社でスピーディー

に対応できる体制を整えております。

 

特にオンラインユーザーへのフルオーダーを

ブラッシュアップして強みにしていければ

強力な強みになると感じていますので

フルオーダーの分野はデザイナーを増やし

より広げていく部分でもあります。

 

今後ECの世界では、自動翻訳による言語障壁の消滅

決済・物流の整備により海外ECが想像以上に早く実現

すると予想しています。

その時ただ単に流れてきたモノだけ販売していては、

個人レベルでは生き延びれても企業として成長して

行くことは難しく川上が運営するサイトに淘汰されてしまいます。

 

特にこれからは付加価値を生むサービスを作り出して

行かないことには、利益を受け取ることが難しいものに

なっていくでしょう。

 

ビジネス環境の変化が加速度的に早くなる昨今

個人的にも新たな価値創造に努力していきたいと思います。

SNSまだ真剣にやってますか?

宝石・宝飾・ジュエリー・貴金属、小売から卸まで様々なことを綴る日記

 

ソーシャルネットワーク(SNS)が普及し、

今までなかったような様々な出会い・ビジネスを作ることができます。

 

個人的にもラインやツイッタ、やフェイスブックなどアカウントを持ってて

疎遠だった学生時代の友人と繋がったり、それぞれの近況が手に取るように

わかります。

 

結構ビジネス投稿も多く、仕事用と割り切り

上手く活用してビジネスにつなげている人も多いみたいですが

個人的には最近フェイスブックは遠ざかってます。

 

というのも

友だちが増えると無駄な情報や勧誘・告知が多くなるのと、

表面だけ知りすぎるもの知らせすぎるのもどうなの?

純粋にコミュニケーションの薄さに飽きた

って感じたから…。

意外と投稿と現実が違うことも多く(基本皆良い事しか載せませんので)、

やっぱ実際会って話そうよと、

ホント『百聞は一見に如かず』

リアルの会話ほど面白いものはない。

 

新しい人間関係を作り出すことがソーシャル最大のメリットですが

人間関係を深くしていくにはデジタルネイティブではない私には

リアルでの共有が必要と感じます。

 

SNSの魅力は『0→1』

『1→∞』どれだけ深くできるかはやはりリアルが不可欠。

 

これはビジネスも同様で

多くの業種でEC活用が当たり前の時代になり

益々拡大していくものと思われますが、

当社ネットショップもショールームをオープンする前と後

ではやはり売上や単価など大きく変化しました。

 

特に私どものような商材である程度の高額帯を扱うには

今も変わらずリアルの体験が最も重要な要素です

この辺は当社でも力を入れていくポイントです。

 

そしてSNSでオープン化した関係を面倒に感じる人たちが増え

ひと回りしてクローズドがポイントになることも考えられます。

 

消費がBUYRENTALからSHAREが出てきて

一部消費行動がすでに変ってきています。

 

自分たちのビジネスでも新しい何か…

『変化』考えるとワクワクします(^^)

よろしくお願い致します

宝石・宝飾・ジュエリー・貴金属、小売から卸まで様々なことを綴る日記

 

2008年創業時ヤフーブログで思いなどをコツコツ書いてましたが

以前のブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/easy_future_japan

 

こちらに引っ越しすることにしました。

 

昔みたいに思っていることを今後更新していきますので

どうぞよろしくお願いいたします。